メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染症と闘う

新型コロナ 妊娠したら在宅勤務も

母子健康手帳にある「母性健康管理指導事項連絡カード」のページ。コピーして医師らに記入してもらい、勤め先に感染のリスクが低い仕事への変更や在宅勤務、休業などを申請できる

 「妊婦が新型コロナウイルスに感染すると胎児にもうつるのか」「妊婦は感染しやすかったり重症化しやすかったりするのか」――。感染拡大がとまらない中、こんな疑問や不安を抱えながら日々を過ごす妊婦もいるだろう。新型コロナがもたらす妊婦や赤ちゃんのリスクとは何か?

 ●判明せぬ胎児影響

 北里大病院(相模原市)で4月初め、新型コロナウイルスに感染した妊婦が出産した。感染者の出産は国内初とみられ、赤ちゃんはPCR検査で陰性だった。同病院によると、母親は正常な出産時期の38週目に帝王切開で出産した。陰性を確認した後、赤ちゃんと面会。母子ともに元気に退院した。海野信也・周産母子成育医療センター長は「赤ちゃんは帝王切開が必要な状態だった。母親の感染とは関係がない」と説明する。

 母子感染を巡っては、先天的な障害を引き起こすウイルスがある。赤ちゃんの心臓や目、耳に障害をもたらしたりする風疹ウイルスや、小頭症で生まれたりするジカウイルスはよく知られている。重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスが妊娠初期に流産をもたらすことも報告されている。北里大では母子感染は確認されなかったが、新型コロナウイルスはどうなのか。

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. ダム湖の流木、無償提供が人気 「ストーブのまきに」 処分費削減にも貢献 岩手

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです