メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「トランプ氏のお株」奪った米民主 政策綱領に国内製造業重視 左派にも配慮

オンラインで開かれた米民主党全国大会で大統領候補に正式指名されたバイデン前副大統領(左)と妻のジルさん=2020年8月18日、AP

 米大統領選に向け、野党・民主党が18日に採択した政策綱領はトランプ大統領の「米国第一主義」のお株を奪う国内製造業の振興策を打ち出した。「ビルド・バック・ベター(より良き再建)」を掲げてトランプ氏を強く意識してきたバイデン前副大統領の事実上の選挙公約となるもので、党内急進左派の主張を取り込む形で党内結束も図った。

 「米国にある多くの製品が『メード・イン・アメリカ』と表記されているべきだ。民主党は米製造業の支援を拡大する」。民主党の政策綱領は、4年前はおざなりだった国内製造業重視の姿勢を強く打ち出した。

 トランプ氏は2016年大統領選で米製造業の復活を目指す「米国第一主義」を掲げ、激戦州である中西部の「ラストベルト(さびついた工業地帯)」の白人労働者層の支持を得て大統領選に勝利した。民主党は今回、労働者票の奪還を目指し、政策綱領にトランプ氏のアピールポイントを取り込んだ形だ。

 具体的には、連邦政府の環境インフラ投資や米製品の購入拡大により、米製造業や中小企業を支援し、数百万人の雇用創出と賃上げを実現するとした。投資額は明記されなかったが、バイデン氏は7月に発表した政策集「ビルド・バック・ベター」で、米製造業復活に総額7000億ドル(約74兆円)、環境インフラ投資に2兆ドルを投じると表明している。

 通商政策では「…

この記事は有料記事です。

残り1245文字(全文1808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです