特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

札幌大通公園のミニビアガーデン ビール消費量は昨年の2% 予約率は好調95.4%

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
さっぽろ大通ミニビアガーデンがオープン。座席のアクリル板やプラスチックカップ使用など新型コロナウイルスの感染対策がされていた=札幌市中央区で2020年7月31日、貝塚太一撮影
さっぽろ大通ミニビアガーデンがオープン。座席のアクリル板やプラスチックカップ使用など新型コロナウイルスの感染対策がされていた=札幌市中央区で2020年7月31日、貝塚太一撮影

 札幌市中央区の大通公園であったビアガーデン(7月31日~8月16日)について、実行委員会は18日、ビール消費量が9310リットルだったと発表した。中ジョッキ(500ミリリットル)に換算すると1万8620杯分で、昨年(88万2532杯分)の約2%。

 今夏は新型コロナウイルス対策で規模を縮小、「ミニビ…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文336文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集