メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで何が変わるのか

コロナ禍で見えた在宅医療の未来「遠隔在宅医療」とは 在宅医・英裕雄さん

新宿・新大久保にある診療所「新宿ヒロクリニック」の英裕雄院長。25年近く在宅医療に携わってきた=東京都新宿区大久保で、生野由佳撮影

 長引く新型コロナウイルス禍の中で、患者が自宅にとどまって医師の治療を受ける在宅医療に注目が集まっている。外部との面会が制限される老人福祉施設や病院ではなく、「家族と一緒に最期を迎えたい」と希望する高齢患者も多いためだ。東京・新宿でクリニックを営み、日本在宅ホスピス協会役員も務める英(はなぶさ)裕雄医師(59)は、「コロナ後」も見据えた「できるだけ訪問しない」新たな在宅医療の形を提唱している。【生野由佳/統合デジタル取材センター】

3チームに分かれ、「完全装備」で自宅を訪問

 ――新型コロナは在宅医療にどのような影響を与えましたか。

 ◆まさに戦場でした。私の診療所が担当する在宅患者は約900人いて、そのうち約4~5割ががんや難病の患者です。定期訪問のほか、「寄り添いコール」といって、緊急時は24時間365日往診しています。

 コロナの流行で、4月は訪問の診療を半減せざるを得ませんでした。患者と医療スタッフ双方の感染リスクを減らすためです。また、協力関係にある介護サービスの看護師に新型コロナの感染が分かり、医院のスタッフ5人が体調不良や味覚障害を訴えたこともありました。PCR検査の結果、スタッフは陰性でしたが、大幅に訪問診療体制を見直す必要性を痛感しました。

 患者は重症化しやすい高齢者や基礎疾患のある人が大半ですから、私たちケアサポーターが媒介して感染させないために…

この記事は有料記事です。

残り3123文字(全文3711文字)

生野由佳

兵庫県出身。2003年入社。福島支局、阪神支局、大阪社会部、2度目の阪神支局を経て2020年4月より統合デジタル取材センター。JR福知山線脱線事故や阪神大震災を中心に取材してきました。被害者支援や障害福祉分野に関心があります。趣味は銭湯巡り。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 「自分の中の正義感が暴走」 ネット中傷加害者が語る投稿の理由

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです