連載

この国に、女優・木内みどりがいた

「アベ政治を許さない」と書かれたプラカードを国会前で掲げた女優、木内みどりさん。その足跡をたどります。

連載一覧

この国に、女優・木内みどりがいた

<1>政治的発言をためらわない「女優・木内みどり」は何者だったのか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「木内みどりさんを語りあう会」で掲げられた木内さんの遺影=東京都港区で2020年2月13日
「木内みどりさんを語りあう会」で掲げられた木内さんの遺影=東京都港区で2020年2月13日

 新型コロナウイルス禍にあって、芸能人らがテレビやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で政治を批判する光景が日常的になった。だが、コロナ以前は政治的、社会的発言をする芸能人は少なく、昨年11月に急逝した女優、木内みどりさん(享年69)の存在が際立っていた。彼女にはなぜ、それができたのか。私は、何かに導かれるように彼女と出会い、インタビューを重ねてきた。このウェブ連載で、彼女が何者だったのか明らかにしたい。【企画編集室/沢田石洋史】

坂本龍一さんが追悼 「日本ではとても貴重な存在」

 私は今年2月13日、東京・六本木のホールで開かれた「木内みどりさんを語りあう会」に招かれていた。集まったのは、俳優仲間ら親交のあった約450人。厚生労働省が国内で新型コロナ感染者が初めて確認されたと発表したのは1月16日だが、まだ危機感は薄く、マスクをしている人は見当たらない。立食形式で彼女の思い出を語り合ったり、編集された生前の映像が映し出されたりした。桃井かおりさんや浅田美代子さんら著名人がマイクを前に追悼の言葉を述べる中、米国在住の音楽家、坂本龍一さんのこんなメッセージが読み上げられた。全文を紹介する。

 <木内さん、突然現世を去ってしまわれましたね。それが木内さんらしい…

この記事は有料記事です。

残り2364文字(全文2903文字)

あわせて読みたい

注目の特集