「すり鉢の底」渋谷にも“地下神殿” 内水氾濫防止、再開発で整備

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 東急渋谷駅(東京都渋谷区)周辺の地下に整備された雨水貯留施設が19日、報道陣に公開された。小学校の25メートルプール13杯分に相当する約4000トンの雨水をためられ、豪雨時に内水氾濫を防ぐのが狙い。31日から稼働する。

 施設は駅東口広場の地下25メートルに造られ、東西22メートル、南北45メートル、高さ最大12メートルの巨大空間。都…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

あわせて読みたい

ニュース特集