メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

ベ平連に見る「70年」の転換

 75年を経た戦後の転換期に1960年代後半から70年代初めを挙げる見方は多い。政治史研究者の平井一臣さんの著書『ベ平連とその時代』(有志舎)を読み、その感を新たにした。ベ平連(ベトナムに平和を!市民連合)は65~74年、ベトナム戦争反対を中心に多彩な運動を展開した人々の集団であり、この時期の転換を象徴する存在だった。

 ベ平連については、代表を務めた作家の小田実や哲学者の鶴見俊輔ら関係者自身が記録を残している。反戦デモから徹夜ティーチイン、脱走兵支援、新宿西口フォークゲリラ、ハンパク(反戦のための万国博覧会)まで活動も多岐にわたった。全国各地に大小の地域ベ平連が誕生したこともあり、大量の資料から全体像を描くのは易しくない。

この記事は有料記事です。

残り1185文字(全文1500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです