父の死は石綿被害、認めて カルテ・死亡診断書、5年で廃棄

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「このまま労災が認められないのは納得できない」と語る船津明雄さん=横浜市神奈川区で
「このまま労災が認められないのは納得できない」と語る船津明雄さん=横浜市神奈川区で

 大手機械メーカー「クボタ」の旧神崎工場(兵庫県尼崎市)周辺で、アスベスト(石綿)による住民の中皮腫被害が明らかになった「クボタショック」から15年。中皮腫が原因の死者が全国で毎年1500人を超えるなど新たな被害が増え続ける中、被害証明が困難になるケースが相次いでいる。カルテやレントゲン画像、死亡診断書といった資料が次々と廃棄されているのだ。

この記事は有料記事です。

残り2711文字(全文2883文字)

あわせて読みたい

注目の特集