メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 除菌洗浄剤を国産化 短時間で効果 「加速化過酸化水素」 横浜の企業、入手難解消へ /神奈川

シーバイエスが国産化に成功した加速化過酸化水素=一般社団法人日本特殊清掃隊提供

 業務用洗剤などの製造、輸入、販売を手がける「シーバイエス」(横浜市中区)が、新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の消毒で注目された加速化過酸化水素の国産化に成功した。洗浄と除菌、除ウイルスを同時に短時間でできるのが特徴で、感染者の宿泊療養用のホテルや飲食店などに普及しつつある。

 ダイヤモンド・プリンセスの船内消毒には米バイロックス社製の加速化過酸化水素が使われた。しかし、新型コロナの感染拡大とともに米国内で需要が高まり、日本では入手困難になっている。

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  5. 全国で新たに4927人感染確認 月曜最多 重症者973人、15日連続最多更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです