メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おじゃまします

安友ふとん店 丁寧さで新規客も獲得 /大阪

 1969年創業の寝装品店。24坪の店舗には布団や枕などが天井近くまで積んであり、昔ながらの小売店といった風情がある。

 店主の安友孝雄さん(78)は徳島県出身。高校卒業後に大阪の婦人服メーカーに12年勤め、結婚を機に独立した。「創業当時、八尾市内には布団屋が約80軒あり、競争が激しかった」と振り返る。現在は安友さんの店を含めて4店舗に減ったというが、安友さんは丁寧で親切な販売を心掛け、昔からの顧客のみならず、…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  3. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  4. 詐欺手口、原点回帰? 「オレオレ」前年より2割増 「息子」7割 埼玉

  5. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです