コロナ禍でも夢抱き 神戸・中国人留学生の陶さん、コーヒー店で研修 古着や雑貨扱うカフェを /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
本和也さん(左)と対話しながら、仕事の現場で使う言葉について考察を深める陶楽さん=神戸市中央区、木田智佳子撮影
本和也さん(左)と対話しながら、仕事の現場で使う言葉について考察を深める陶楽さん=神戸市中央区、木田智佳子撮影

 カフェ経営を志す神戸学院大3年の中国人留学生、陶楽さん(29)=大阪市=が、神戸市内のコーヒー専門店でインターンシップに取り組んでいる。新型コロナウイルスの影響で大学の講義や就職活動もウェブ対応が進んだ今夏。困難な状況下でも「今だからこそできることを」と、短時間に限って、距離を保ちながら対面での研修に励んでいる。【木田智佳子】

 陶さんは中国・上海市出身。母国で大学卒業後、企業勤務を経て来日。大阪市内の日本語学校で学び、神戸学院大グローバル・コミュニケーション学部に進んだ。街中でおしゃれな古着の店に立ち寄るうちに「将来は古着や雑貨も扱うカフェを開きたい」と考えるようになった。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1025文字)

あわせて読みたい

ニュース特集