JR四国、利用67%減 お盆期間、前年同期比 /香川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JR四国は18日、お盆期間(7~17日)の利用状況を発表した。瀬戸大橋線と主要3路線(予讃線、土讃線、高徳線)は新型コロナウイルスの影響を受け、いずれも前年同期比67%減と会社発足以来最低となった。

 乗客数は瀬戸大橋線が10万9000人、主要3路線は5万1200人だった。帰省の自粛のほか、徳島の阿…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

あわせて読みたい

注目の特集