農業用ドローン実証実験 「作業が大幅短縮」 大分市地域サポート協 /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
出穂期の稲に殺虫・殺菌罪をまくドローン
出穂期の稲に殺虫・殺菌罪をまくドローン

 農機具のレンタルや農作業などを請け負う大分市地域農業経営サポート協議会は19日、大分市横瀬地区で農業用ドローンの実証実験をした。農家の高齢化に伴い増える耕作放棄地を管理することを目的に、農業用ドローンが水田に殺虫・殺菌剤をまいた。

 この日は横瀬地区の約15ヘクタールの水田を対象に実験した。これまで…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文302文字)

あわせて読みたい

注目の特集