メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

米中対立と「ムーラン」=坂東賢治

 <moku-go>

 新型コロナの流行で映画が大きな打撃を受ける中、勝ち組になったのが米動画配信大手のネットフリックスだ。会員数は2億人に迫り、株式の時価総額は一時、ディズニーを上回った。そのディズニーも昨年から始めた定額制の動画配信事業だけは好調だという。

 コロナ禍で3月以降、公開が延期されてきた大作映画も米国では9月から動画配信限定で公開されることが決まった。中国の伝説上の女将軍「花木蘭(かもくらん)」をモデルにした「ムーラン」だ。1998年に長編アニメが制作されたが、今回は実写化された。

 病弱な父に代わって男性に扮(ふん)して兵士となり、遊牧民族と戦うムーランはシンデレラや白雪姫などの女性像とは異なる。アニメ版は米国でも評価され、ヒットした。

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大阪で新たに60人が感染、2人死亡 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです