メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

引退試合 千葉県東金市・中村真澄(主婦・52歳)

 関東地方が梅雨明けした週末、中学3年生の息子が部活動の最終日を迎えた。

 3月以降、目標としてきた大会はいずれも中止に。学校再開後は自校での練習だった。そこでこの日、顧問の先生の計らいで練習試合が組まれた。感染を防ぐため制限はあるものの、試合を行えることがありがたい。3年生には長い5カ月だったし、気持ちに区切りをつけることが必要だったろうと思う。

 この試合で部を引退するとあって、グラウンドには応援する姿が多かった。しばらくぶりに顔を合わせるお母さんもいる。部には小学校の低学年から一緒に練習をしてきた同級生が多くいる。「みんな、大きくなったわねー」。ボールを追いかける子どもたちに拍手を送りながら、何人ものお母さんと何度となくこの言葉を交わした。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです