メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社民党本部に爆破予告メール 幹事長「卑劣、断固たる措置取る」

社民党本部の表示=東京都中央区で2019年5月16日、曽根田和久撮影

 社民党の吉田忠智幹事長は20日の記者会見で、党の公式メールアドレスに東京都中央区にある党本部の爆破や襲撃を予告するメールが18、19日に1通ずつ届いていたことを明らかにした。異常はなく、悪質ないたずらとみられる。吉田氏は「大変卑劣な行為で、許されない。警察に届け出るなど断固たる措置を取りたい」と述…

この記事は有料記事です。

残り77文字(全文227文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです