特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

銃撃死1万1000人以上、乱射380件超…バイデン米大統領ならば銃規制は進むのか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米民主党の全国大会で演説するガブリエル・ギフォーズ元下院議員=2020年8月19日、AP
米民主党の全国大会で演説するガブリエル・ギフォーズ元下院議員=2020年8月19日、AP

 19日の米民主党全国大会では、西部アリゾナ州のガブリエル・ギフォーズ元下院議員ら銃撃事件の被害者が登場し、「銃暴力の防止に最優先で取り組む大統領を望む」などと銃規制の強化を訴えた。米国では多くの死者が出る悲惨な銃撃事件が後を絶たないが、銃規制の改革は進んでいない。11月の大統領選でバイデン前副大統領が当選し、民主党が政権を奪還した場合、進展はあるのか。

この記事は有料記事です。

残り1505文字(全文1683文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集