「2冠」「八段」またまた最年少階段 藤井棋聖、棋風も果敢 驚きの封じ手、4連勝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
王位戦七番勝負第4局で木村一基王位に勝ち、史上最年少の2冠となった藤井聡太新王位=福岡市中央区の大濠公園能楽堂で2020年8月20日(日本将棋連盟提供)
王位戦七番勝負第4局で木村一基王位に勝ち、史上最年少の2冠となった藤井聡太新王位=福岡市中央区の大濠公園能楽堂で2020年8月20日(日本将棋連盟提供)

 高校生タイトルホルダーの藤井聡太棋聖(18)がまた一つ、大きな勲章を手にした。初タイトルを獲得してからわずか35日。木村一基王位(47)から4連勝で王位を奪取し、史上最年少の2冠に輝いた。もはや、その強さに驚きはない。今後、藤井はどれほどのスピードでタイトル数を増やしていくのか。

 福岡市中央区の大濠公園能楽堂で19、20日に指された王位戦七番勝負第4局。先手番の木村は「作戦を準備してきた」と話し、逆転負けした第2局の「相掛かり」戦に改良を加えて臨んだ。しかし、藤井は木村を上回る読みの力で勝ち切った。

 藤井にとって初の2日制タイトル戦となった王位戦。第1局は優勢を築くとそのまま押し切り、木村を「一方的な感じになった」と嘆かせた。第2局は定跡を外した木村の指し手に苦しみ、土俵際まで追い込まれたが、驚異の粘りで大逆転の勝利。第3局は木村に逆転の目があったが、木村が形勢を悲観しチャンスをつかみそこねた。

 そして、決着局となった第4局2日目。藤井の「封じ手」で大胆な一手が飛び出した。…

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文1600文字)

あわせて読みたい

注目の特集