メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「2冠」「八段」またまた最年少階段 藤井棋聖、棋風も果敢 驚きの封じ手、4連勝

王位戦七番勝負第4局で木村一基王位に勝ち、史上最年少の2冠となった藤井聡太新王位=福岡市中央区の大濠公園能楽堂で2020年8月20日(日本将棋連盟提供)

 高校生タイトルホルダーの藤井聡太棋聖(18)がまた一つ、大きな勲章を手にした。初タイトルを獲得してからわずか35日。木村一基王位(47)から4連勝で王位を奪取し、史上最年少の2冠に輝いた。もはや、その強さに驚きはない。今後、藤井はどれほどのスピードでタイトル数を増やしていくのか。

 福岡市中央区の大濠公園能楽堂で19、20日に指された王位戦七番勝負第4局。先手番の木村は「作戦を準備してきた」と話し、逆転負けした第2局の「相掛かり」戦に改良を加えて臨んだ。しかし、藤井は木村を上回る読みの力で勝ち切った。

 藤井にとって初の2日制タイトル戦となった王位戦。第1局は優勢を築くとそのまま押し切り、木村を「一方的な感じになった」と嘆かせた。第2局は定跡を外した木村の指し手に苦しみ、土俵際まで追い込まれたが、驚異の粘りで大逆転の勝利。第3局は木村に逆転の目があったが、木村が形勢を悲観しチャンスをつかみそこねた。

 そして、決着局となった第4局2日目。藤井の「封じ手」で大胆な一手が飛び出した。…

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文1600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 「波に乗れた」西部ガス、芽生えた自信 村田1失点完投 鷺宮製作所に競り勝つ 都市対抗

  3. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです