特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

「いいね、は集団いじめ」 法的責任問えるかが焦点 伊藤詩織氏、杉田水脈議員ら提訴

SNS上で誹謗中傷を受けたとして提訴し、記者会見の会場に入る伊藤詩織さん(中央)=東京都中央区で2020年6月8日午後2時、北山夏帆撮影
SNS上で誹謗中傷を受けたとして提訴し、記者会見の会場に入る伊藤詩織さん(中央)=東京都中央区で2020年6月8日午後2時、北山夏帆撮影

 ツイッターで自分を中傷するツイートに「いいね」を押されたことで名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの伊藤詩織氏(31)が20日、自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(53)に220万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。伊藤氏の代理人は20日、記者会見を開き「多くの人がよってたかって伊藤さんを中傷し、それに対して片端から『いいね』を押す行為は集団いじめだ」と訴えた。SNS(ネット交流サービス)上での中傷が社会問題になる中で、ツイッターでの「いいね」に法的責任を問えるかどうかが焦点になる。【塩田彩、宇多川はるか/統合デジタル取材センター】

「いいね」も名誉感情の侵害行為

 「何千、何万人に対して情報を発信するのであれば、礼儀や道理、ルールをわきまえるということは当然要求されてしかるべきことだ」。東京都港区の会議室で20日午後開かれた記者会見。代理人の佃克彦弁護士は、今回の訴訟についての思いを語った。

 伊藤氏は欠席したが、佃氏と並んで会見した西広陽子弁護士は「何とか誹謗(ひぼう)中傷の連鎖を止めたいと思って起こしたアクション」と、伊藤氏の動機を代弁した。

 訴状によると、杉田氏は2018年6~7月、性暴力被害を告発する伊藤氏を第三者が中傷したツイートに、相次いで「いいね」を押したとされる。

 そのツイートとは次の内容だ。

 <顔を出して告発する時点で胡散(うさん)臭いです。厳しいようですが同情で国を貶(おとし)め、それを飯のタネにしたいという意図が見えて賛同できません>

 <枕営業の失敗ですよね>

 <自分の私利私欲。男もロクでもないよ。でもこの女のやってる事は周りの関係ない人間巻き込む自己中の延長だよ>

 <確信犯…彼女がハニートラップを仕掛けて、結果が伴わなかったから被害者として考え変えて、そこにマスコミがつけこんだ!>

 <言っていることの整合性がなく、被害妄想?を疑いましたよ。売名行為なのかな? 杉田さんでなくても感じました>

 <ニコニコ顔で自分のレイプ体験を語るヤツが被害者って変だと思わないのかなぁ!?>

 <コネを作ろうとホテルに行ったのに、上手くいかなかったと分かると虚言を吐き始めたのです>

 訴状に挙げられたツイートは計13に及ぶ。だが、佃弁護士は、杉田氏が「いいね」を押したツイートはさらにあったといい、挙げたのは「言葉のひどさの程度」などで絞り込んだ一…

この記事は有料記事です。

残り3049文字(全文4040文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集