メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

白鷗大学教授・岡田晴恵さんの知られざる素顔とテレビに出続ける熱意の源

「サワコの朝」に登場する岡田晴恵さん(右)=MBS提供

[PR]

 8月22日放送の「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、午前7時半~8時放送)のゲストは、白鷗大学教授の岡田晴恵さん。

 毎日のようにニュース番組に出演し、新型コロナウイルスについて解説。朝の情報番組への出演、昼は大学の授業・準備に取り組むと、夕方はTBSS「Nスタ」にセミレギュラーとして出演するなど多忙な日々を送っている。

 それに伴い、ここ半年で10キロ以上痩せたと話した岡田さん。新型コロナ感染拡大防止のために身を削ってまでテレビに出続ける熱意の源とは。また、「Nスタ」出演時のエピソードでは、落ち込む岡田さんを救ったある人の“魔法のコトバ”が明かされる。

 そんな岡田さんは、厳しい母のもとで、自由がない幼少期を送ったそう。大学院では、免疫学を学び、就職した国立感染症研究所では、ワクチンの有効性や安全性を確かめる国家検定などの仕事をしていた。“跡取り娘”だった岡田さんが、学者になった理由は。そして、国立感染症研究所で出会った感染症患者さん達との今につながる原点を話してもらった。

 また、ウイルスや感染症を題材にした絵本やファンタジー小説など100冊以上を執筆している岡田さんの著書を紹介。“感染症予防を伝えたい!”と奮闘する岡田さんのライフワークなど、知られざる素顔にサワコが迫る。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです