メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「五輪すべてじゃない」戦う喜びかみ締め 柔道元日本代表・高木海帆選手

2019年にモロッコで行われたグランプリ大会で気合の入った表情を見せる高木海帆選手=本人提供

 世界最大のスポーツの祭典であるオリンピックへの出場をめざし、国籍変更する選手がいる。柔道の元日本代表でオーストラリア代表に転向した高木海帆(かいはん)選手(29)もその一人だが、代償として3年間の国際大会出場停止を余儀なくされた。思いがけず訪れた1000日超の空白。先の見えない日々を過ごした格闘家は今、何を思うのか。

 「昔は五輪五輪と、五輪に執着していました。今は柔道ができるだけで幸せです。自分の人生で五輪は大きな目標だけど、それがすべてじゃないと思えるようになりました」。6月中旬、東京都内の自宅。坊主頭のように髪を短く刈った高木選手の表情はすっきりしていた。新型コロナウイルスの影響で人との接触を伴う柔道は満足に練習できない状況だが、前を向くのには理由がある。

 法務省によると、日本国籍からの離脱者数は2010年の180人から19年は945人と5倍以上に増えており、スポーツ界でも国籍変更は珍しくない。ただ、スポーツ選手の国籍変更を巡っては、過剰な勝利至上主義に陥らないようルールが設けられている。国際オリンピック委員会(IOC)は国の代表を経験した後に国籍変更した場合、原則3年間は五輪に出場できないと規定しているが、国際競技団体(IF)や国内オリンピック委…

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです