メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和テーマ、「楽」漆メタリック調に 近鉄、30年ぶり刷新 団体専用列車 /京都

30年ぶりにリニューアルされた近畿日本鉄道の団体列車「楽」。メタリック調の漆色が特徴=大阪市天王寺区の近鉄大阪上本町駅で、高橋昌紀撮影

 近畿日本鉄道は団体専用列車「楽」(20000系、4両編成)を30年ぶりにリニューアルし、報道関係者に19日公開した。「和」をテーマに、車体は漆をイメージしたメタリック調の赤茶色を採用し、座席に市松模様などの日本の伝統柄をあしらった。21日から、修学旅行などの団体客の貸し切りや旅行会社のツアーなどで運行される。

 近鉄によると「楽」は1990年にデビュー。「見晴らしの良さと快適さ」をキャッチフレーズにし、車体は黄色と白を基調としていた。機器更新などのため、2020年3月から約2億円をかけて改修。座席を96人分減らして定員を164人にする一方、座席の幅や間隔を広げ、先頭車両には広い窓から景色を楽しめるフリースペースを設けた。同社技術管理部の福田尚弘課長は「くつろいでもらえるよう広い車内空間を確保した」と説明…

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  3. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです