メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 終息願い県内6社の日本酒ブレンド 「鐘馗」来月発売 /島根

レンドする酒をタンクに注ぐ酒造会社の杜氏(とうじ)=島根県益田市中島町で、竹内之浩撮影

 県内の酒造会社6社の日本酒をブレンドした「純米吟醸 鐘馗(しょうき)」が9月上旬から発売される。島根の地酒の味をアピールし、コロナ禍で落ち込む需要を喚起する狙い。利益の一部はコロナ対策支援として県に寄付する。

 6社は桑原酒場(益田市)▽若林酒造(大田市)▽一宮酒造(同)▽富士酒造(出雲市)▽石州酒造(津和野町)▽池月酒造(邑南町)。益田市の酒販店「金吉屋商店」が取引先の各社に呼び掛けた。県内産酒米を原料とする…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです