連載

つむぐ平和

広島で平和を願う人たちの思いを伝えます。

連載一覧

つむぐ平和

広島二〇二〇/17 「身近」から考えよう 権鉉基さん(38)=広島市中区 /広島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
権鉉基さん=広島市中区で、手呂内朱梨撮影
権鉉基さん=広島市中区で、手呂内朱梨撮影

権鉉基(コン・ヒョンギ)さん

 広島市で生まれ、広島朝鮮学園(東区)で幼稚園から高校までを過ごした。大阪の音楽専門学校に進学。その後は広島に戻って朝鮮総連職員として働き、在日朝鮮人コミュニティーの活動の手伝いなどをした。戦後も根強い差別にさらされた朝鮮人たちは「寄り合って生きるしかなかった」と言う。「同じルーツ、立場の人が定期的に集まって社会から解放される場所は重要だと思った」と語る一方、結束が閉鎖性を生む問題点も冷静に捉える。

 戦争の影響で貧しい生活を強いられていた祖父の親族は、戦前に日本に渡った。祖父は南側の出身だったが、戦後は朝鮮籍を選択した。差別から身を守るため通称を名乗る人もいる中で、自身は民族名を名乗ることを意識する。高校生の頃に出会った同じ在日朝鮮人の友人がきっかけだ。朝鮮学校ではなく日本の学校に通う中で、悩んだ末に「本名宣言」をすると泣きながら話す姿をみて、自分の名前やアイデンティティーを意識するようにな…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文920文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集