メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「京築の文学群像」出版 行橋の郷土史家・城戸さん、50年以上の研究成果まとめ /福岡

「京築の文学群像」を刊行した城戸さん

 行橋市の郷土史家、城戸淳一さん(79)が、50年以上にわたる郷土史研究の成果をまとめた「京築の文学群像」(花乱社)を刊行した。「自分が生きてきた証し」にと出版を決意した城戸さんは「この1冊から郷土が生んだ先人の人物像に触れてほしい」と語る。

 城戸さんは行橋市出身。高校の国語教諭として長年教壇に立ち、退職後は市図書館長や県の文化財保護指導員も務めた。20代から郷土史研究を始め、全国の図書館や古…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです