メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

ドクさんからのマスク=小倉孝保

 <kin-gon>

 インドの風土病だったコレラが欧州に広まるのは19世紀である。1831年にはドイツの哲学者、ヘーゲルが命を落とす。翌年、コレラに襲われたパリでは、リンチ事件が5件起きた。水や食料に毒が混入されたとのうわさが悲劇につながった。

 原因不明の感染症は他者への警戒心や攻撃を呼ぶ。新型コロナウイルスでも当初、欧米でアジア系住民に対する蔑視があり、日本では、営業を続ける店舗を私的に責める「自粛警察」と呼ばれる行為があった。周りと距離を取ることを課される感染症では、心の距離の取り方が難しい。

 東京・広尾の日本赤十字社(日赤)医療センターに7月末、ベトナムからマスク1万2500枚が届いた。送り主は、「ベトちゃんドクちゃん」の一人、グエン・ドクさん(39)である。

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文1016文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岩手「感染者ゼロ」の教訓(上)対策阻むプレッシャー 感染者に共感を

  2. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  3. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです