メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特養「北砂ホーム」の教訓/下 「第2波」高齢者施設の備え クラスターすぐ全検査

新型コロナウイルスの集団感染が起き、6月20日をもって収束した特別養護老人ホーム「北砂ホーム」=東京都江東区で2020年7月2日、黒田阿紗子撮影

 新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)が4月に発生した東京都江東区の特別養護老人ホーム「北砂ホーム」。高齢者向けの施設は「第2波」にどう備えるのか。

 <4月当時は東京都内でも介護施設などでクラスターが多発。入院先の調整まで数日かかることも珍しくなかった。あそか病院が専用フロアを設けたことで、ホームの入居者は必要な時に搬送することができた>

 古城 陽性の入居者40人のうち、新型コロナの症状が出てあそか病院に搬送されたのは24人。一番多い時期は、17~18人が入院していた。(新型コロナの感染患者を受け入れる)感染症診療協力病院として、4階をまるごと新型コロナ患者専用の病棟にし、呼吸器内科の医師が専従で治療にあたった。残念ながら搬送後に5人が亡くなった。施設内で亡くなった人はいない。

この記事は有料記事です。

残り2939文字(全文3289文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  4. 検証プラス・新型コロナ 経済対策迷走①特別定額給付金 「一律10万円」で綱引き、遅れた給付

  5. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです