新型コロナ 天理大、実習先が拒否 ラグビー部感染で風評被害

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ラグビー部の寮で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した天理大(奈良県天理市)の永尾教昭学長と、並河健・天理市長が20日、そろって記者会見し、ラグビー部以外の学生5人が教育実習先の学校から受け入れを拒否されたり、アルバイト先から出勤停止を求められたりしたことを明らかにした。

 県がラグビー部でのクラスター発生を発表したのは16日。大学によると、17、19両日、同大の学生が9月以降に教育実習を予定していた県内外の中学と高校から、「(クラスターの)報道を…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文585文字)

あわせて読みたい

注目の特集