グレタさん、独メルケル首相と会談 気候変動食い止めに積極的行動促す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさん(17)が20日、ベルリンでドイツのメルケル首相と約1時間半にわたって会談した。グレタさんは、気候変動を食い止める必要性を訴え、メルケル氏が積極的に行動することを促した。

 この日は、グレタさんが各国政府に気候変動対策の強化を求め、学校を休んで座り込みを始めてから2年の節目で、メルケル氏が首相府にグレタさんや、同世代の欧州の環境活動家を招いた。

 独政府によると、会談では2050年までに欧州連合(EU)域内の温室効果ガス排出量を「実質ゼロ」とするEUの共通目標や、石炭火力発電からの撤退などについて意見交換したという。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文664文字)

あわせて読みたい

ニュース特集