米国務長官、ベラルーシの抗議デモ支持を声明 ロシアの軍事介入けん制か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
抗議集会でベラルーシの昔の国旗を掲げる人々=ベラルーシの首都ミンスクで2020年8月17日、AP
抗議集会でベラルーシの昔の国旗を掲げる人々=ベラルーシの首都ミンスクで2020年8月17日、AP

 ポンペオ米国務長官は20日、旧ソ連のベラルーシでルカシェンコ大統領が6選を決めた大統領選の不正を訴える抗議デモについて、「外部からの介入を受けずに、自ら指導者を選ぶというベラルーシ国民の願望を支持する」との声明を出した。ロシアによる軍事介入の可能性を念頭にけん制したとみられる。

 声明では「米国はベラルーシ国民の意思を…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文293文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集