根絶のはずが… ミカンコミバエ、全国7都県で確認

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ミカンコミバエ=農水省ホームページより
ミカンコミバエ=農水省ホームページより

 マンゴーやピーマンなどの害虫で、国内では1986年に一度根絶されたミカンコミバエが4月以降、鹿児島(84匹)、熊本(5匹)、宮崎(1匹)など全国7都県で続々と確認されている。

 成虫は体長約7ミリ。1回10個超の卵を産んで果実や野菜を腐らせる。門司植物防疫所(北九州市)によると、前線の停滞などの影響…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文304文字)

あわせて読みたい

注目の特集