メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外はやぶさ2、地球に帰還 豪砂漠でカプセル回収

オシドリ、13キロ離れた山から舞い戻る 車にはねられ保護→介護し放鳥 「とにかく人なつっこい」

地味な夏毛に変わったオシドリ=大分県日田市で2020年8月17日、辻本知大撮影

 大分県日田市の大原八幡宮で参拝客に愛嬌(あいきょう)を振りまいていた雄のオシドリが、自然に返された後に舞い戻ってきた。宮司の橋本国房さん(66)は愛らしい姿に目を細めながらも、県の絶滅危惧2類に指定される野鳥で飼うことも出来ず、頭を悩ませている。

 オシドリは2月ごろから神社の境内に住み着いた。橋本宮司によると「とにかく人なつっこい」。餌付けもしていないのに参拝客に近づいて、頭の上に乗ったり、手をつついたりした。

 しかし、警戒心のなさが災いした。6月14日夜、オシドリは神社近くの道路で車にはねられた。翌日、脚を引きずった姿で見つけられ、県が保護。右脚を骨折する重傷だった。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです