山崎正和さん死去 86歳 劇作家、文化勲章受章 「柔らかい個人主義の誕生」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
劇作家の山崎正和さん=川平愛撮影
劇作家の山崎正和さん=川平愛撮影

 劇作家で、幅広いジャンルでの評論活動でも知られる文化勲章受章者で大阪大名誉教授の山崎正和(やまざき・まさかず)さんが19日、悪性中皮腫のため亡くなった。86歳だった。葬儀は近親者のみで営んだ。

 1934年生まれ。演劇学を専門とし、京都大大学院博士課程修了。関西大教授、米国・コロンビア大客員教授、大阪大教授、東亜大学長などを歴任。新国立劇場運営財団理事やサントリー文化財団副理事長も務めた。2006年に文化功労者。07年から2年間、中央教育審議会会長。11年に日本芸術院会員。18年に文化勲章受章。

 大学院生時代から戯曲の創作を始め、63年に「世阿弥」で岸田国士(くにお)戯曲賞受賞。その後も「実朝出帆」「野望と夏草」「オイディプス昇天」などの作品を発表した。

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1269文字)

あわせて読みたい

注目の特集