メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンパンジーにも芸術は必要だ? 映像アートにウッキウキ 京都市動物園

京都市動物園で3月に実施された公開実験で、屋内展示場の壁面に映し出された映像に触れるチンパンジー=「KYOTO STEAM」事務局提供

 芸術は動物園のチンパンジーの暮らしを豊かにする?――。京都市動物園(京都市左京区)で飼育するチンパンジーに映像のアート作品を与えたところ、一部のチンパンジーで作品を楽しむ様子が確認されたことが、同園の研究グループの実験で分かった。同園はチンパンジーなどを飼育する類人猿舎の建て替えを検討しており、実験結果の活用も検討中という。

 チンパンジーはDNAの塩基配列がヒトと98・8%一致するなど、ヒトに最も近い動物とされ「進化の隣人」と呼ばれることもある。同園は類人猿舎で、雄と雌の計6頭を飼育している。

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです