メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮崎・大淀川のチョウザメ「大雨で養殖場から逃げた?」 「ウナギ取れない」の声

山元隆之さんが大淀川で釣ったチョウザメ=宮崎市で12日(山元さん提供)

 宮崎県の1級河川、大淀川でチョウザメが釣れると話題になっている。県がこのほど生息を確認した。塩漬けにした卵は「世界三大珍味」の高級食材のキャビアになる。県内では養殖が盛んなことから、県の担当者は「7月の大雨で養殖場から逃げ出した可能性もある」とみて調査している。

 県によると、最近になり、釣り人から「川でチョウザメが釣れた」との報告が相次いでいた。種類は「シベリアチョウザメ」で体長は70~80センチ、生後3年ほどで、卵は持っていない。大淀川上流方面に養殖場があるという。

 確認された複数のチョウザメはいずれも体長が同じサイズのため、川で繁殖はしていないとみられる。カニやエビを好んで食べるとされ…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです