メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教員の57%「過労死ライン」 校内消毒、心のケア負担に NPO7月調査

記者会見で調査結果を説明する「共育の杜」の藤川伸治理事長(右)ら=東京都千代田区で2020年8月21日午後2時44分、大久保昂撮影

 教員の支援に取り組むNPOが、全国の公立小中学校や高校などの教員の7月の勤務実態を調べた結果、57%が「過労死ライン」とされる月80時間以上の時間外労働をしていた。新型コロナウイルスによる長期休校による学習の遅れの挽回や、感染防止のための校舎の消毒作業などが長時間労働につながっているとみられる。

 調査はNPO法人「共育の杜(もり)」(事務局・東京都江東区)が7月10~26日、全国の国公私立の小中高や特別支援学校などの教職員を対象にインターネットで実施し、1203人から回答を得た。自宅への持ち帰り業務も含めた7月の平均的な時間外労働を平日と休日に分けて尋ね、4週間分の残業時間を推計した。

 公立校にフルタイムで勤務する教員935人(管理職を除く)を抽出して分析したところ、80…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法人税と所得税の不公平是正で消費減税はできる

  2. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 九州の温泉地、更なる落ち込みにおびえ「いつまで持ちこたえられるか分からない」

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです