九大ため池の遺体、身元は25歳男子大学院生 死因は水死

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
九州大伊都キャンパス=本社ヘリから、山下恭二撮影
九州大伊都キャンパス=本社ヘリから、山下恭二撮影

 福岡市西区の九州大伊都キャンパスのため池で見つかった男性の遺体の身元について、福岡県警西署は21日、DNA鑑定の結果、同大院でシステム情報科学を研究する男子大学院生(25)=福岡市西区=と判明したと発表した。外傷はなく、死因は水死だった。

 西署によると、19日午前、大学の警備員が池に浮かぶ全裸の遺…

この記事は有料記事です。

残り85文字(全文235文字)

あわせて読みたい

ニュース特集