メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ流行見極め、なお時間 収束兆し言及しつつ…分科会「予測難しい」

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会後に記者会見し、国内の感染状況の分析を説明する押谷仁・東北大教授(左)と脇田隆字・国立感染症研究所長=東京都千代田区で2020年8月21日午後3時14分、原田啓之撮影

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は、再流行が収束に向かう兆しについて言及しつつも、断定は避けた。ある分科会メンバーは「今後の流行を予測するのは難しい」といい、見極めにはまだ時間がかかりそうだ。

 分科会は、感染状況を評価する際、①発症日別に見た1日あたりの新規感染者数の推移(流行曲線)②1人の感染者から平均して何人にうつすかを示す「実効再生産数」の推移――を重視している。

 ①から、全国の感染状況は、7月27日の817人と、同29日の814人をピークに下降していた。都道府県別では、東京都、大阪府、愛知県のいずれも7月末がピークだった。分析した東北大の押谷仁教授は「東京都は…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  2. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  3. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです