メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

警視庁浅草署に入る坂元愛容疑者=東京都台東区で2020年7月24日午後7時15分、丸山博撮影(画像の一部を加工しています)

 東京都台東区のマンションで7月、生後3カ月の女児が母親に自宅に置き去りにされ、亡くなった。出生届が出されないままの短い命だった。母親は、父親が誰か分からない女児を自宅で産んで育てようとしたが、子どもがいることを周囲に打ち明けられず、孤立を深めていた。【土江洋範、最上和喜、鈴木拓也】

 「娘の意識がない」。警視庁に保護責任者遺棄容疑で逮捕された母親のマッサージ店員、坂元愛容疑者(30)=鑑定留置中=は7月23日午前10時10分ごろ、勤務先から帰宅して119番した。長女は搬送先の病院で死亡が確認された。司法解剖で死因は判明しなかった。胃には母乳が残り、暴行をうかがわせる痕はなかった。

 坂元容疑者は帰宅するまでの約16時間、長女を自宅に放置したとして逮捕された。「生活費を稼ぐために、寝かせてから仕事に行った。出かける時は生きていた」と供述したという。

 知人らによると、坂元容疑者は東京都出身。私立大を中退した後は定職に就かず、居酒屋やファストフード店などでのアルバイトで生計を立てていた。

 状況が大きく変わったのは今年2月ごろ。体調の変化に気づき、妊娠を疑い始めたが、「父親は誰か分からなかった」。捜査関係者によると、ごく一部の友人には妊娠について相談したが、中絶できる時期を過ぎていることが分かり、この話をすることはなくなったという。坂元容疑者は調べに、当時の心境を「妊娠に気づいているような、でも、気づきたくないような。現実逃避をしたかった」と供述したという。一度も病院に行かないまま、4月、自宅のトイレで長女を産んだ。

 友人や近所の人は取材に対し、出産を知らなかったと口をそろえる。2月に会ったという以前の勤務先の同僚の20代の男性は「いつもと変わらずに明るく、おなかが大きいことも分からなかった。子どもの話なんて一切出なかった」と振り返る。「周囲に気を使わせたり、干渉されたりするのを嫌がったのかもしれないが、悩んでいたのなら相談してほしかった」と話す。近所の人も「子どもがいるとは気づかなかった」と事件に驚いた。

 実家との関係も薄かったようだ。坂元容疑者は2019年12月のフェイスブックへの投稿で、実家の母親から「勤務先で孫がいないのは私だけ。同僚の会話に入れないの可哀そうと思わないの? 年ごろだから早くしないと子どもを産めなくなるよ」と言われたことを明かし、「そんな人に孫を見せたくない。妊娠してもおろす」と不快感をにじませていた。年末年始に帰省を求められても「死んでも帰らない」と書き込んだ。

 長女を一人で育てようとした坂元容疑者は生活費を稼ぐため、マッサージ店で…

この記事は有料記事です。

残り1883文字(全文2976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです