メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

コロナ感染リスク、歌も会話も音量が影響か=英研究チーム

新型コロナウイルスの感染で、歌唱が会話よりも感染をもたらすリスクが高いわけではなく、音量そのものが影響し得ることが英ブリストル大の研究で分かった。ベルギー・ボールツメールベークの老人ホームで4月撮影(2020年 ロイター/YVES HERMAN)

[PR]

 [ロンドン 20日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染で、歌唱が会話よりも感染をもたらすリスクが高いわけではなく、音量そのものが影響し得ることが英ブリストル大の研究で分かった。

 研究では、専門の歌手25人に歌唱、会話、呼吸、咳といった動作を行ってもらい、それによって生じる飛沫や微粒子(エアロゾル)の量を調べた。その結果、歌唱や会話を問わず、音量を上げた場合、微粒子の量は最大で20─30倍に増えたほか、音量が一定であれば、歌唱でも会話でも微粒子の量に大幅な相違は見られなかった。

 ESPRCセンターのジョナサン・リード所長は「歌唱も会話も、生成される微粒子の量が同じであれば、微粒子を経路としたコロナ感染につながり得る」と指摘した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです