メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土曜さろん

こちらネット相談室 IoTに不可欠 近距離無線通信 NFC、かざすだけで認証

「コノル」が開発したNFC利用サービス「リカバー」。アプリ無し、かざすだけで立ち寄った場所を記録できる。過去に行った不特定多数が集まる施設などで、クラスターなどが発生した場合にSMS(ショートメッセージサービス)が届く

BT ペアリング必要/Wi-Fi データを高速で

 ワイヤレスで機器同士のデータ交換ができる近距離無線通信。Bluetooth(ブルートゥース、BT)、NFC、Wi−Fi(ワイファイ)などの規格があり、特性の違いからそれぞれ適した用途が異なる。あらゆるモノをネットにつなぎ、さまざまな便利なサービスや暮らしを実現するIoT(Internet of Things=モノのインターネット)のキーにもなっている近距離無線通信について主な三つを整理してみた。

 ワイヤレスイヤホン、スマートウオッチやカーナビを、スマートフォン(スマホ)につなげたり、パソコンとマウスやキーボードをつなげたりするなど、デジタル機器同士のデータ通信に使われるBT。消費電力は少なく、同じ機器と繰り返し行う通信に適している。一般的にBT機器同士を接続するには互いに相手の機器を認証、登録する作業(ペアリング)が最初に必要となる。

 厚生労働省が提供しているスマホ用の新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA(ココア)」(ダウンロード数約1400万件)はBTを利用、スマホのBT設定をオンにした状態で使う。

    ■   ■

 NFCは「Near Field Communication」の略で、近距離無線通信を意味する。特長はかざすだけ、ワンタッチで機器認証と通信ができること。一度きりかもしれない機器と通信を行う際に、事前の端末設定のペアリングをしないで利用できる。Wi−Fiルーター(親機)にスマホを接続する際、以前なら複雑なIDやパスワードを入力していたが、両者がNFCに対応していれば互いのロゴマークを近づけるだけで認証する。他にもNFC対応スマホを読み取り機にかざすだけでIC定期券として使えたり、電子マネーとして決済したりできる。アプリを開いてコードを表示するQRコード決済より手軽で、セキュリティー面もより安全。また、ポスターに付けられた専用タグにスマホをかざすだけでタグ記載の情報を読み取れる。消費電力は少なく、電源は必須でない。通信距離は10センチ程度。

 飲食店で専用シールなどにNFC搭載スマホをかざせば注文ができるなどのサービス「CUONA(クオナ)」を展開する「コノル」(東京都千代田区)。同社は6月、NFCを利用したコロナ対策位置記録サービス「Recover(リカバー)」を開発した。企業や店舗に設置した…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文1505文字)

高橋望

1991年入社。パソコン通信(NIFTY-Serve、PC-VAN~草の根アングラネットなど)からのネットワーカー。主にIT関係の記事-セキュリティ、面白ベンチャー・サービス、ガジェットなどなど-を書いてきました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです