メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大正の強盗事件、殉職警官を追悼 有田川 /和歌山

小西巡査部長の慰霊碑に献花して一礼をする地元住民ら=有田川町楠本で2020年8月16日、山本芳博撮影

 大正11(1922)年に旧清水町(現在の有田川町)で発生した強盗事件で、凶弾に倒れて殉職した小西栄次郎巡査部長(死亡で巡査から巡査部長に昇進、当時33歳)を追悼する献花式が命日の16日、有田川町楠本の慰霊碑であった。

 事件は1922年8月16日未明に発生。拳銃を持った男が旧清水町の農家や宿屋に押し入った。同日、小西巡査が茶屋で男を発見…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 首相、コロナ病床増へ意欲 医師や看護師の給与増提言に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです