メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰・撮っておき

津和野町 青野山 町を見守るシンボル /島根

青野山(中央)のふもとに広がる赤瓦の町並み=島根県津和野町で2020年8月13日午前11時17分、竹内之浩撮影

 青野山(標高907メートル、写真中央)は、おわんを伏せたような優美な山容から、古くは「妹山(いもやま)」と呼ばれた津和野町のシンボル。信仰の対象となり、江戸時代には全国の景勝地を描いた「日本勝地山水奇観(にほんしょうちさんすいきかん)」などの絵図にも取り上げられた。

 県西部から山口県まで約50キロにわたる…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文363文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです