ドクターヘリ導入 三つの「WG」設置 調整委、初会合で方針 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ドクターヘリ運航調整委員会に臨む出席者ら=高松市番町で2020年8月20日午後7時10分、金志尚撮影
ドクターヘリ運航調整委員会に臨む出席者ら=高松市番町で2020年8月20日午後7時10分、金志尚撮影

 医師が搭乗し救急現場に向かう「ドクターヘリ」の導入に向け、県や病院、消防など関係機関でつくる運航調整委員会の初会合が20日夜、高松市内であった。2022年度の運航開始を目指し、諸課題を検討する三つのワーキンググループ(WG)を設置することなどが決まった。

 ドクターヘリは救命率向上や後遺症軽減に効果があり、全国のほとんどの自治体が導入している。香川では今回とは別の導入検討委員会が20年1月に必要性を浜田恵造知事に提言。これを受け、県は…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集