新党参加「状況見て」 国民県連・白石代表、動向は明言せず 2党合流は「歓迎」 /愛媛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国民民主愛媛県連の臨時常任幹事会終了後、報道陣の取材に応じる白石洋一代表=松山市で2020年8月21日午後3時17分、中川祐一撮影
国民民主愛媛県連の臨時常任幹事会終了後、報道陣の取材に応じる白石洋一代表=松山市で2020年8月21日午後3時17分、中川祐一撮影

 国民民主党が立憲民主党と合流して新党を結成することが決まったことを巡り、国民県連代表の白石洋一衆院議員(愛媛3区)は21日、合流新党への参加について「まだ時間があるので状況を見極めたい」と述べ、自身の動向について明言は避けた。遅くとも9月初めまでには態度を明らかにする見込み。【中川祐一】

 松山市内のホテルで開いた県連臨時常任幹事会後、報道陣の取材に応じた。白石氏は両党の合流について「基本的には好意…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

あわせて読みたい

注目の特集