特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 教員残業80時間超57% 公立7月 学習挽回や消毒負担 NPO調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 教員の支援に取り組むNPOが、全国の公立小中学校や高校などの教員の7月の勤務実態を調べた結果、57%が「過労死ライン」とされる月80時間以上の時間外労働をしていた。新型コロナウイルスによる長期休校による学習の遅れの挽回や、感染防止のための校舎の消毒作業などが長時間労働につながっているとみられる。

 調査はNPO法人「共育の杜(もり)」(事務局・東京都江東区)が7月10~26日、全国の国公私立の小中高や特別支援学校などの教職員を対象にインターネットで実施し、1203人から回答を得た。自宅への持ち帰り業務も含めた7月の平均的な時間外労働を平日と休日に分けて尋ね、4週間分の残業時間を推計した。

 公立校にフルタイムで勤務する教員935人(管理職を除く)を抽出して分析したところ、80時間以上の残業をしているのは534人(57・1%)。うち399人(42・7%)は残業が100時間以上に達していた。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文918文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集