メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

渡辺保・評 『評話集 勘三郎の死 劇場群像と舞台回想』=中村哲郎・著

『評話集 勘三郎の死 劇場群像と舞台回想』

 (中央公論新社・3300円)

著者の熱意が照らす俳優の本質

 言葉で人間を描くのは難しい。ましてその人間がさまざまな役に扮(ふん)して千変万化する役者であれば、その困難はいうまでもない。その困難を超えて、著者は二〇一二年十二月、五十七歳の若さで死んだ十八代目中村勘三郎の在りし日の姿を読者の眼前に蘇(よみがえ)らせた。

 著者は勘三郎のその「天成その身体や心情が総じて丸く出来上がっている」「ヤマト民族が生んだ“高光る日の御子”」として描いている。ここに著者が書き留めた勘三郎の独特の資質の秘密こそ、どんな映像にもどんな記録にも残っていない、著者自身が掘り出すことの出来た勘三郎の人間としての魅力、役者としての存在意義であった。

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1362文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  5. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです