メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『「母と息子」の日本論』=品田知美・著

『「母と息子」の日本論』

 (亜紀書房・1870円)

 ≪あなたが女性で息子がいたなら、まずは自分を愛してください。…自分のことが嫌いなのに…息子を愛しているふりを続けても、どこかで間違います。≫(まえがき)。ドッキリする。品田氏は、現代を診断する社会学者。母と息子の関係が変わればこの日本は救えます、と訴える。

 フェミニズムは頑張った。女性は高学歴に、雇用機会も均等に。でも女性の社会進出は、国際比較で最低ランクのまま。男社会の視(み…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです