東武のSL12月デビューへ 鬼怒川線走る予定 真岡鉄道から譲渡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東武鉄道の2両目となるSL「C11形325号機」=埼玉県久喜市の東武鉄道南栗橋車両管区で
東武鉄道の2両目となるSL「C11形325号機」=埼玉県久喜市の東武鉄道南栗橋車両管区で

 東武鉄道が、真岡鉄道(栃木県真岡市)から譲渡された蒸気機関車(SL)「C11形325号機」が埼玉県久喜市の東武鉄道南栗橋車両管区に到着した。今後、東武鬼怒川線(栃木県日光市)の下今市―鬼怒川温泉駅間を走る予定。

 325号機は1946年製造。真岡鉄道で98~2019年に運行されたが、売却が決まり、東武鉄道が約1億2000万円で落札した。同じC11形の「大樹」に続く2両目のSL。営業運転…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

あわせて読みたい

注目の特集