特集

ヘイトスピーチ

特定の民族や人種など人の尊厳を傷つけるヘイトスピーチは、どんな形であっても許されません。なくすためにはどうする?

特集一覧

匿名の刃~SNS暴力考

「怒り伝えないと…」とツイッター開設 木村花さん中傷の女性が語った後悔と恐怖

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
木村響子さん(右)と学生時代の花さん=響子さん提供
木村響子さん(右)と学生時代の花さん=響子さん提供

 「私も直接怒りを伝えないといけないと思ってしまった。まさかこんなことになるなんて……」。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で誹謗(ひぼう)中傷を受けていたプロレスラー、木村花さんが死亡した問題で、木村さんを中傷する投稿をした40代の女性が毎日新聞の取材に応じた。問題の投稿をするまでツイッターのアカウントすら持っていなかったという女性が中傷に至った理由と、今の思いは――。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

「コスチューム事件」怒りと不信

 女性は関東在住で、アルバイトをしている。娘を失った悲しみや怒りがつづられた木村さんの母響子さんのインタビュー記事などを読み、「申し訳ないという気持ちを少しでも伝えられたら」と取材に応じることを決めたという。女性の希望で電話での取材になったが、てきぱきとよどみのない語り口で、冷静でしっかりした印象を受けた。

 女性は昨年から、木村さんが出演していたリアリティー番組「テラスハウス」を視聴するようになった。職場で「面白い」と話題になっていたことから興味を持ち、見ているうちに男女の恋愛模様や人間関係の変化などの面白さに「はまってしまった」という。木村さんに対しては、「料理もできて、きちんとあいさつもするとてもいい子」と好印象を持っていた。

 そのイメージががらりと変わったのが番組内で起きた「コスチューム事件」だ。出演者の男性が、木村さんが大事にしていた試合用のコスチュームを誤って洗濯してしまい、着られない状態に。木村さんはその男性を責め、帽子をはたき落としたのだ。

 女性は3月末のネット配信でそのシーンを見て、言いようのない怒りと不快感が残った。木村さんに帽子をはたき落とされた男性は、以前、木村さ…

この記事は有料記事です。

残り1351文字(全文2080文字)

【ヘイトスピーチ】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集